我が家はすごく小さい家なので、ドアを開けると丸見え!!
そこで目隠しに大きな間仕切りカーテンをしています。
寒い時期に縫い始め、なんか気d0154481_8481736.jpgが進まずに途中になっていた物がやっと完成しました
このところやっと暖かくなりさくらも咲き、華やいできたのに、ドアを開けるとこれ??
我が家には春が来てない雰囲気です。
また作ろうかしら…
[PR]
ようやく春らしくなってきましたね!
陽気も気分も…
落ち込んではいられない!出来ることをやらなくちゃ(^^)!とやけにやる気になってきました。
自分が元気じゃないと、まわりにも元気をわけてあげられないしね。
というわけで(関係ないか…)
とってもとっても肌触りと風合いの良いニット地とリバティー風のコットンを合わせてワンピを作ってみました。
自分用と思って作ったのですが、少しだけ大きかったので、オークションにだそうか思案中です。
また作ろうかな
d0154481_1751951.jpg

[PR]
d0154481_16204786.jpg

この四月から、6ヶ月になる女の子が、保育園に行くそうです。
おおきな手提げかばんをたのまれてつくりました。
何かと荷物も多いでしょうから巾着もおまけです。
泣かないで、行けますように…
[PR]
わたしは普段、ダウンのフードベストを愛用してますが…
こんなかたちで、これからの季節に気軽に羽織れて、かわいいの出来ないかな?
悩んで、悩んで、遂に完成です。
回りを全部レースでくるんじゃったので、作るのも簡単だし、用尺も少なくて済む。
何度も眺めては、にんわり(*^_^*)してました。
d0154481_1620191.jpg

パターンとレシピつくりまーす
[PR]
わたしの実家は、東日本大震災ではもっとも被害が少なくて済んだ、青森県の八戸市です。
地震、津波の被害の情報がどんどんテレビで流れていく中、田舎と連絡が取れたのが、2日後でした。
今までに何度も強い地震は経験している地域ですが、今回は今まで以上の揺れと津波、その後2日半に渡った停電が、まだ寒い時期にとても応えていました。
その時点では、停電と言う事もあり、当の地元ではこれだけの被害の出た大震災である事がわかっていなかったのですが…
情報がいろいろ入るようになり、年老いた母は序所に不安が増し、憂鬱になっている様子。
家も大丈夫で、電気も水道もガスもあって、良かったと思わなくちゃねとは言ったものの…今まで、歳のわりには気持ちは若く、なんでもテキパキとこなしてきた母がとても気弱になっているなと思いました。

被害の少なかった所でもそうなんです。
ましてや、避難所生活をいている人々はどれだけの不安や、やりきれない思いをかかえているか知れません。
東北人の気質として、自分から何かを欲するというのはギリギリ我慢してからなんです。
辛抱強く、黙々とがんばる人たちなので…
こんな時は、みんなに助けてもらっていいんだよ!
がんばり過ぎないで!
頼っていいんだよ!
みんながついてる、一人じゃないよ!
[PR]